利息は返済をするときに支払う金額

「利子」と「利息」という言葉を、お金の貸し借りという金銭のやり取りの場において定義付けをした場合、その違いは以下のようになります。それは、お金を借りた側が返済する金額に合わせて、一定の利率に応じて支払うお金が「利子」であり、お金を預けた方が利率に応じて受け取ることのできる金額のことを「利息」と言う―ということです。

 

つまり、「利子を払う」「利息を受け取る」といった具合に用語を使い分けることになります。

 

銀行と言う立場において、顧客に貸し付けたお金に対する金利は、銀行側の利益であり、その「利息」を受け取るということになりますが、同じお金に関して借りた側は「利子」と言う言葉でその金銭について言い分けるので、貸した側と借りた側という立場上の違いで使い分けをしていることになります。

 

とは言え、消費者金融などの業者において、この両者を明確に使い分けている例は少なく、どちらかというと「利息」の方が使用される傾向が強いと見受けられます。

 

また借りている立場から見ても、「利息を払う」「利息がいくら」というような言い方が多く見られるため、日常生活的には「利息」の方が市民権を得ているという印象があります。

金利が上がれば支払うべき利息金額も増える

契約内容に目を通してみると、借り入れ金利が必ず記載されています。
年利と書かれている場合や実質年率と書かれている場合がありますが、支払いをする利息の計算については深くは考えずに同じものと思って構いません。
借りている金額に対して金利や借り入れ日数に応じた利息を返済時に支払うことになりますので、なるべく利息を安くしたいのであれば低金利の借り入れを考えることになります。