種類も多くあるので目的に合わせて選ぶことが出来る

個人がお金を借りようとするときは、たいていキャッシングと呼ばれる方法を思いつきます。実際は他にも銀行や行政など公的機関の融資もあるのですが、審査の厳しさや時間的問題を考えるとキャッシングはやはり便利な方法です。

 

何よりも借りたお金に使用制限がなく、「収入が低い人に限る」などの条件がなくても借りられるのが魅力です。ではこのキャッシングにも、種類があるのをご存知でしょうか。

 

キャッシングの種類は大きく分けて3種類あります。まずは銀行のカードで利用できるカードローンです。これはお持ちの口座のキャッシュカードに付随している場合も多い機能です。

 

限度額はたいてい50万円ほどとなっていますが、その中であればいつでも現金融資を受けることができます。同じような利用のされ方をしているものとして、信販会社のカードによるキャッシングがあります。この二つは毎月の引き落としによって返済します。

 

自動的に返済できるので楽ではありますが、そのぶん自由度が低いともいえます。いちばん使いやすく自由度が高いキャッシングはやはり消費者金融でしょう。先に述べた二つの金融会社と違い、返済日や返済方法が自由に選択できるというメリットがあります。どの金融会社が良いかはその時の状況によって違ってきます。自分に合ったカードローンを見つけましょう。

どのような目的で借りるか使うかは借りた人次第

キャッシングの良い点の一つとして資金使途が自由というものがあります。
借りたお金は生活費としての出費に使っても、何らかの交際費に使っても良く、借りたお金をどう使ったかをいちいち申告する必要もありません。
申し込み時には借り入れ資金使途を記入する場合がありますが、別の用途に使っても構わないので非常に便利にお金が使えるのですね。