カードローンの使用感覚とはどういったものか

カードローンは銀行のキャッシュカードに似たローン用カードを業者から発行してもらい、全国のコンビニなどに設置されている業者提携のATMでお金の借り入れ返済ができる現金の調達・借金の方法です。

 

銀行の場合はキャッシュカードとローン用のカードを一枚で兼用できる場合もあります。ATMのサービスで引き出し、キャッシングのどちらかを選択すれば良いのです。あたかも預金の引き出しと同じようにお金を借りることができるので、借金をしている実感すら持てないくらいです。返済も同様にATMから行えます。これはATMで預け入れをしている感覚でお金を扱うことになります。

 

また、ネットとの親和性が抜群なのも特徴です。特にネットバンク系の業者では口座振り込みによる借り入れ・返済もリアルタイムにできるため、借金が口座から口座への資金移動、端的に言えば数字の変動という捉え方になってしまいます。借り入れたお金をATMで引き出さずに、口座振り込みで何かの精算に当てたら現金を一度も見ずに終わることすらあるくらいです。

 

こうなるとカードを使わないカードローンになりますが、このような使い方もあるのです。若干お金の感覚が変わってしまうカードローンですが借金は借金なので計画的に返済しましょう。

借りる際には銀行の低金利カードローンが魅力となります。来店不要で申し込みが出来る保証審査融資のオリックス銀行カードローンを検討しましょう。