消費者金融と銀行の金利について

キャッシングやカードローンの事業が利益を出すために必要なものと言えば、利息です。元金以外に利息を支払うことで利益を得ることができ、その利息を決定するのが金利ということになります。

 

簡単で素早いネットキャッシング

消費者金融のキャッシングや銀行のカードローンの場合、適用される金利に幅があることがほとんどです。一方でクレジットカードのキャッシングの場合、誰が利用するに関わらず一定の金利が適用されるケースが多いです。

 

消費者金融のキャッシングの金利のケースで多いのが、上限金利が高いというパターンです。一番低い金利を下限金利、一番高い金利を上限金利と言います。消費者金融によって、下限金利の数字はばらつきがありますが、上限金利の数字はほぼ年率18パーセント程度の金利が適用されています。借りる金額が少ない人や初めて利用する人などは、上限金利が適用されるケースが多いです。

 

銀行のカードローンの場合、下限金利が低いことはもちろんですが、上限金利も低いのが特徴です。前述したように、消費者金融の上限金利は18パーセント程度ですが、銀行のカードローンの上限金利は15パーセント程度です。年間3パーセント程度と思いますが、借りる金額が多ければ利息の差は大きくなります。

 

なるべく低金利で借りたいなら銀行のカードローンが有利となり、特に限度額ごとに金利が下がっていくソニー銀行カードローンの適用利率は大変優れていると言えます。

消費者金融のデメリット部分を知っておく

キャッシングを行う時に、審査に通りやすい傾向にある消費者金融を利用する方は多いですが、借り入れを行いやすいからと言っても、消費者金融のデメリット部分を知っておく事は大切です。

 

 

利便性に関しては非常に優れたカードで、審査対応も速いですし、急な出費対応してくれる所です、しかし、金利が銀行と比べると高く設定されており、大体の業者は18.0%辺りで利用する事になっています、銀行の場合は14.5%辺りで利用出来る所が多いです。

 

業者によって数値に違いがありますが、大体この辺りの金利になっていますから、消費者金融を利用する時は、返済を長引かせると利息が大きくなるので、短期完済出来るような利用が望ましいです。

 

総量規制もあり、年収の3分の1以上の借り入れは例外を除けば出来ませんから、融資枠も小さくなっています。金利面や融資枠に関してのデメリット部分を理解した上でキャッシングを活用するようにしましょう。

 

ルールを知った上での借金は安全に活用出来ますし、借金返済はルール通りに行うようにしましょう、ルールに従って返済を行っていけば問題が起こる事は無いですし、返済計画を作って、完済までに要する日数や利息の負担額を計算して計画的に利用しましょう。

 

返済の計画で困った際には店舗で相談ができるところで借りるのが理想で、その点でカードローン大手のプロミスは頼れます。各地に店舗や契約機を多数設置しており、借り入れ自体も深谷市プロミスのように早く進められるため、借りる際も返す際も安心ができます。